WINERY

Graceland Vineyards

TERROIR

Graceland のブドウ畑は、南アフリカ最高の赤ワインの土壌として国際的に認められているステレンボッシュのゴールデントライアングル地域に位置しています。

SUBRINAのためにつくられたシラー種。そのブドウからていねいに造られる自然発酵の赤ワイン。

オーナー Susan and Paul McNaughton夫妻にGracelandの歩みとワイン造りへの想いを伺いました。

Gracelandの歴史

なぜワイナリーを始め、この場所に決めたのか。

ポールはヨハネスブルグで石炭の取引と採掘の会社を経営していましたが、1989年に売却し、ポールの夢であったワインランドへの移住の機会を得ることができました。

ポールはステレンボッシュ大学に進学し、学生時代に最高のワインはどこから来るのか、ワイン生産に最適な土壌はどこなのかを学びました。 周辺地域で土地を見つけようしましたが、所有者を変えるということがほとんどなかった為なかなかうまくいきませんでした。 そこで、かつて近くにブドウ畑を持っていた旧友に電話をしたところ、偶然にも 赤ワインに最適な土壌であることに加え、景色も美しい現在の土地を見つけることができました。

ステレンボッシュ

土壌、気候、地域の特徴、歴史。

ステレンボッシュ原産ワインは広い範囲をカバーし、区分されています。私たちは、ステレンボッシュの南側、ヘルダーバーグ山の斜面にあるステレンボッシュ・マウンテン区にいます。私たちのブドウ畑は海に向かって12km離れた場所にあります。

各エリア、異なる土壌とミクロクリマを持っていて、このエリアはゴールデントライアングルと呼ばれ、特に赤ワインを中心とした最高品質の葡萄の産地として知られています。 三角形の底辺は、ステレンボッシュとサマセット・ウエストを結ぶR44道路で、 残りの2辺は、山々によって区切られています。

ワイン畑

シラー区画

Graceland のワイン畑は標高80mから280mまでと変化に富んでいます。

2つあるシラー区画は、農園の中間地点の130-150mに植えられていて、ブドウの木の樹齢は現在22年です。土壌は、分解された花崗岩とテーブルマウンテンの砂岩の上に、主に重いクラプマッツ(ステレンボッシュ特有の保水性のある土壌)があり、斜面の下にある小さなブロックは、より高い耐水性を持っています。 ドリップ灌漑を部分的に行うことで、ブドウの木にストレスを与えないよう、部分的に分けて灌漑することができ、水の使用は最小限に抑えています。

南アフリカは日照時間に恵まれており、ステレンボッシュは 1月、2月が最も多く、6月、7月が最も少なく、年間平均で1日9時間です。

Graceland はやや南側の傾斜地にあり、暑い時期でも少し涼しいのが大きな利点です。 この地域は穏やかな南西の風が吹き、ブドウの木を乾燥させるのに非常に適しており、ブドウの木にカビが生える可能性も低いです。

農薬削減、キャノピー管理などへの取り組み

生態系への影響を最小限にするために。

私たちは農薬を使いませんし、使ったこともありません。 私たちの最小限の農薬散布の取組は、オーガニックと分類されるのかもしれません。

ダチョウの糞から作られる有機ペレットを使うことで、肥料としての窒素の使用量を大幅に減らしました。 現在は、Gracelandを100%有機栽培に移行する最終段階に入っています。

私たちにとって、生態系への影響を最小限に抑えることは重要です。 400本の土着の木が植えられ、さらに400本の土着でない木が植えられています。 その結果、鳥やミツバチ、野生動物といった自然の動植物が増えました。

湿地帯は、その地域の動物や植物をサポートするために残されています。

私たちのキャノピー・マネジメントはシンプルで、 3本のワイヤーでブドウの木を直立させ、新芽の成長に合わせて移動させています。つるの根元や茎に新芽がかからないようにします。 また、新芽が伸びすぎた場合は、先端を切り落とします。 管理はすべて手作業で行っていて、伝統的な手剪定を行い、新芽が出るように2つの芽を残し、収穫は全て手摘みで木箱へ移動します。

ワイン造り

収穫から醸造。

私たちにとって最も重要なのは、農場を購入したときよりも良い状態で土を残すことです。私たちは有機栽培に近い形で、あらゆる分野で足跡を残したいと思っています。

ぶどうは、3月13日から3月28日にかけて5トンのバッチで手摘みされます。オープンセメントタンク内で温度28℃を超えないよう管理し、野生酵母で8日間発酵されます。

2005年以来、私たちのワインはすべて自然発酵です。健康なブドウはよく発酵し、破砕時にSO2を添加することはなく発酵中は酵母の栄養分のみを添加します。

私たちのシラーの味は、まず土壌からきており、ワイン醸造のプロセスにはできる限り介入しないようにしています。SO2は必要最低限にするよう注意していますが、二次発酵、マロラクティック発酵、ノンアルコール発酵の後に添加する必要があります。そうしないとワインが腐ってしまいます。 ワインを安全に保つのに十分な量のSO2を添加することが重要ですが、多すぎるのもよくありません。樽熟成中は、常にSO2濃度をモニターしています。

Gracelandのシラー

このワインになるまで。

樽熟成はフレンチオークとアメリカンオークで18ヶ月間熟成され、15%はファーストフィルの樽、残りはセカンドフィルとサードフィルの樽で熟成されます。ワインはボトリング前に3回澱引きされ、無濾過、無清澄でボトリングします。

Graceland・シラーは、冷涼なヨーロッパスタイルのシラーを思わせ、ホワイトペッパー、豊富なラズベリーやストロベリーの香りが特徴です。繊細で口いっぱいに広がるフレーバーは、口の中に長く残り、濃厚ででスパイシーな料理や、エレガントな料理とよく合います。

ワイナリー経営での苦労

乗り越えられない問題はないと思っています。

もちろん、ビジネス、特にワインの栽培を行う上では、常に驚きの連続です。 天候の変化天候の変化は、収穫のタイミングを素早く判断しなければならないことを意味していて、天候によってワインのスタイルが決まり、それに合わせて樽を選びます。天候の結果、ワインのスタイルが決まり、どの樽を選ぶかが決まります。

ワイナリーで働く人々への思い

何年もかけて私が育てた優秀なスタッフが働いています。トラクターのシニアドライバーは26年、それ以外のメンバーも10年前後働いています。みんなそれぞれの分野で重要な役割を担っていますが、最終的にはチーム一団で働いています。

ワイン造りへの目標

現段階では、できるだけ長くワインを作り続けたいと思っています。また私たちは毎年、ブドウ栽培、ワイン醸造、ロジスティックスに関するビジネスレビューを行っています。

価格に見合った最高のワインを造ること、そして可能な限り効率的であることを心がけています。

今回SUBRINAを通じて自分を奮い立たせてくれる仕事に出会えたことは、とても幸運なことだと思っています。

ブドウ畑で働くことはとても幸せなことですし、私たちのワインが国際的に評価されていることにとてもやりがいを感じています。

Susan and Paul McNaughton